● ● ● ● ● スポンサードリンク ● ● ● ● ●




ホームヘルパー2級の資格取得関連の情報サイトです。

ホームヘルパー2級資格制度は2013年度から新しい制度に変わります。



2013年になりました。
ホームヘルパー2級の資格について厚生労働省では
平成24年度でピリオドを打ち、新しい資格試験などの
制度に移行することになっています。

これまでにホームヘルパー2級などの資格を取得して
いる方はそのまま引き続き資格所有者としてお仕事を
続ける事が出来ます。

しかし、2013年4月からは新しい資格試験の制度に
変わり、受験資格なども変わってくることになります。
さらに資格の枠組みも変わってきます。

今後は、
ホームヘルパー2級所有者は
介護職員初任者研修課程修了者(仮称)

介護福祉士養成のための実務者研修修了者(仮称)

介護福祉士資格所有者

認定介護福祉士資格所有者

のようになって行きます。

高齢化時代の本格的な到来で益々需要が高くなるこの
介護職員さんですが、自信と誇りを持ってたり組む事が
出来るように資格制度の簡素化や高い目標をもってお仕事に
取り組めるキャリアバスを考え今回の新しい制度に移行する
ことになります。

今後、色々な資格取得のための条件や制度など詳細が出てくると
思います。
随時、詳細を掲載して行きますのでチェックしてください。




posted by お助けマン at 22:39 | 新着記事

ホームヘルパー2級の資格取得の研修内容の変更を厚生労働省が発表です。




ホームヘルパー2級の資格の取得は、要介護者にサポートを
自宅や介護の施設などで行なおうとする人にとって、最初の
資格となります。

そのホームヘルパー2級の資格取得の研修、養成の課程を
2013年度から「介護職員初任者研修課程」(仮称)と言う
物に変更するとしています。

今の、研修や養成のカリキュラムを、今後益々増加すると
考えられる要介護者に、的確なサポートが出来るように
レベルアップを図ることが目標と言う事で、介護を行う
ホームヘルパーさんの人材の質の向上が狙いだと言う事です。

此れまでは、ホームヘルパー2級の資格は此れまで、訪問介護
などの自宅などでの在宅での介護を念頭にされていて、その
講座や実習は合計で130時間受ける事でその資格が取得できる
物です。

今回、2013年度からの新設の「介護職員初任者研修課程」(仮称)
では、初任者研修は同じく、計130時間と言うことですが、
在宅での介護中心ではなく、デイケアや入居の介護の施設などでの
基本的な介護業務にも携われるように研修など受け、医療現場など
との連携も出来たり、昨今多くなっている認知症高齢者の支援など
時代に即した事柄を学ぶ科目も新設すると言うことです。

介護のための演習の内容もさらに充実させたり、筆記試験なども
新規に加えられるようです。



posted by お助けマン at 21:52 | 新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。