● ● ● ● ● スポンサードリンク ● ● ● ● ●




ホームヘルパー2級の資格取得関連の情報サイトです。

ホームヘルパー2級資格制度は2013年度から新しい制度に変わります。



2013年になりました。
ホームヘルパー2級の資格について厚生労働省では
平成24年度でピリオドを打ち、新しい資格試験などの
制度に移行することになっています。

これまでにホームヘルパー2級などの資格を取得して
いる方はそのまま引き続き資格所有者としてお仕事を
続ける事が出来ます。

しかし、2013年4月からは新しい資格試験の制度に
変わり、受験資格なども変わってくることになります。
さらに資格の枠組みも変わってきます。

今後は、
ホームヘルパー2級所有者は
介護職員初任者研修課程修了者(仮称)

介護福祉士養成のための実務者研修修了者(仮称)

介護福祉士資格所有者

認定介護福祉士資格所有者

のようになって行きます。

高齢化時代の本格的な到来で益々需要が高くなるこの
介護職員さんですが、自信と誇りを持ってたり組む事が
出来るように資格制度の簡素化や高い目標をもってお仕事に
取り組めるキャリアバスを考え今回の新しい制度に移行する
ことになります。

今後、色々な資格取得のための条件や制度など詳細が出てくると
思います。
随時、詳細を掲載して行きますのでチェックしてください。




posted by お助けマン at 22:39 | 新着記事

ホームヘルパー2級の資格取得の研修内容の変更を厚生労働省が発表です。




ホームヘルパー2級の資格の取得は、要介護者にサポートを
自宅や介護の施設などで行なおうとする人にとって、最初の
資格となります。

そのホームヘルパー2級の資格取得の研修、養成の課程を
2013年度から「介護職員初任者研修課程」(仮称)と言う
物に変更するとしています。

今の、研修や養成のカリキュラムを、今後益々増加すると
考えられる要介護者に、的確なサポートが出来るように
レベルアップを図ることが目標と言う事で、介護を行う
ホームヘルパーさんの人材の質の向上が狙いだと言う事です。

此れまでは、ホームヘルパー2級の資格は此れまで、訪問介護
などの自宅などでの在宅での介護を念頭にされていて、その
講座や実習は合計で130時間受ける事でその資格が取得できる
物です。

今回、2013年度からの新設の「介護職員初任者研修課程」(仮称)
では、初任者研修は同じく、計130時間と言うことですが、
在宅での介護中心ではなく、デイケアや入居の介護の施設などでの
基本的な介護業務にも携われるように研修など受け、医療現場など
との連携も出来たり、昨今多くなっている認知症高齢者の支援など
時代に即した事柄を学ぶ科目も新設すると言うことです。

介護のための演習の内容もさらに充実させたり、筆記試験なども
新規に加えられるようです。



posted by お助けマン at 21:52 | 新着記事

福島県郡山市では、仮設住宅地域にホームヘルパーさんなど 常駐している高齢者支援拠点開所してます。



今回の東日本大震災で大切な住居を失い、今仮設住宅で
暮している方が沢山いらっしゃるのですが、その中には
高齢で介護が必要とかひとりで寂しく不安な中で暮して
居る方も多いんですね。

そんな方たちの助けになればと言う事で、福島県の郡山
では、仮設住宅で凝らしている高齢の方たちの介護を
行なったり、不安で寂しくしている方の見守りなどを
行う事を目的に、高齢者サポートの拠点となる施設を
9月5日に福島県内で初めて開設したと言う事です。
場所は郡山市の「ビッグパレットふくしま」の北側の
仮設住宅群の中と言う事です。

此れは、福島県が設置し、運営は川内村社会福祉協議会が
行い、その名称は「あさかの杜ゆふね」と言うことです。

現在、こちらの仮設住宅群には川内村と富岡町に住んで
居た方たちで、約320世帯が入居していると言う事で
今回の施設は木造平屋約320平方メートルという広さに
成っていて専門の職員やホームヘルパーさんたちが常駐し
仮設住宅に住んでいる方たちの毎日の生活などの相談に
乗ったり高齢者世帯への食事の配食サービスを行なったり
要援護者の見守り活動に積極的に取り組んでいくと言う
ことです。

運営を行う川内村社会福祉協議会が要介護の方への通常の
デイサービスや訪問介護などの介護保険事業サービスを展開
していくと言う事で福島県では、現在県内16カ所にこの
ような拠点施設整備を進めていると言う事です。




posted by お助けマン at 13:51 | 新着記事

京都市は、震災で職を失った方たちをホームヘルパー資格取得が可能な 介護職などで100名雇用の方針を打ち出す。



京都市は4月26日、今回の東日本大震災で職を失った
被災者方たちの就労支援ということから100名の雇用を
確保すると発表しました。

その仕事の内容は京都市内の介護施設の現場で、仕事を
師ながら後にホームヘルパー2級の資格などを取得できる
ような事業を考えていて、その事業資金として2億円を
予算に計上するということです。

今回は、京都市内へ被災地から避難されてこられた人を
対象にすると言うことで、主に介護の分野などで6ヶ月間を
雇用の期間とすると言うことです。

現在、京都市内の市営住宅や民間の住宅に270人以上の
人が避難入居していると言うことで今後の生活の支援に
向けての雇用の機会としたいと言うことです。

100名のうち、20名の人には京都市内の老人福祉の施設などで
仕事をしながらホームヘルパー2級の資格取得が出来る
事業計画にしているようです。

京都市内へ避難している方に限らず、京都で研修を受けようと
考えるほかの地域の被災で避難している方にも参加が出来る
ようにするということです。

今被災地に住んでいてこの計画に酸化したいという方には
京都市が被災地から移動する交通費やとか市内での住居費
など全額負担する用意もあるようです。
残りの枠の80人分の事業については現在検討していると言う
ことです。

希望される方は、京都市の方へ問い合わせしてみると良いですよ。

被災者の皆様への情報
⇒ http://www.city.kyoto.lg.jp/sogo/page/0000098233.html

電話 0120-776797
FAX 0120-626566
となっています。


posted by お助けマン at 04:22 | 新着記事

介護分野の起業支援事業のインキュベクスが、今回の東日本大地震の 震災地復興に関して、派遣するホームヘルパーや看護師を募集開始しました。




介護分野の起業支援での実績を持つインキュベクス株式会社が
今回の東日本大震災の被災地支援を目指すために、ホームヘルパー
看護師などの資格を有する方の募集を始めたと言うことです。

今回の東日本大震災の被災地域に於いて、看護師さんや
ホームヘルパーさんと言う人材が不足していて多くの方が
困っていると言うことですね。

こちらの会社は、介護分野で新規事業立ち上げなどを支援して
きた実績を持っていることから、培った介護業界の沢山の
ノウハウを使ったり介護業界のネットワークを活し、現地に
「看護師」と「ホームヘルパー」を送り込むことで復興支援
などへ少しでも貢献をしたいということです。

今回募集する職種は。
★看護師(准看護師含む)
★ホームヘルパー(1級、2級の死角所有者、介護職員基礎
 研修いずれも含む)
★上記以外の医療、介護系職種も募集しているということです
から、希望される方は問い合わせしてみてください。
詳細の問い合わせは
電話 045-474-5237(担当 原田)
メール kaigo@inquvex.co.jp

公式サイトは
⇒ http://www.inquvex.co.jp






posted by お助けマン at 01:23 | 新着記事

今回の地震で被災された高齢者の方たちの色々な 不安に答えるための「Q&A」を、厚労省がリーフレットにして配布!



厚労省では今回の大地震で被災された高齢者の方の
避難所等においての介護サービスの確保についてと言う
リーフレット「介護保険最新情報vol.187」を公開しています。


避難所などで高齢者の方たちが慣れない生活環境に
戸惑いを感じたりどの様にしたら良いのか、特に
介護などを必要とされる方は動きが取れない中で非常に
困っているんですね。

そこで、そんな悩みの解消につながればと言うことで作成
されたこのリーフレットはA4サイズ2枚にわたり、Q&A形式で、
下記のよな、8つの疑問に対しての回答が記してあるんです。

★介護サービス利用時には、どこに相談するのでしょう?
★避難所にもホームヘルパーに来てもらえますか?
★避難所にいてもデイサービスを利用できますか?
★被保険者証が見つかりません。
★被災により介護が必要になりました。要介護認定を
 受けていないのですが、どうすればよいのですか。
★被災したため、利用料の支払いが難しいのですが。
★被災地から他の市区町村に避難しました。介護サービスを
 利用できますか。
★使っていた杖が車いすがなくなってしまいました。

この様な困っていること、知りたいことなどがネット上で
ダウンロードが可能ですから参考にされると良いですよ。

このリーフレットは、「ケアマネジメント・オンライン」の
無料書式にてダウンロードする事が出来ますので下記サイトに
アクセスしてください。

「介護保険最新情報vol.187「被災された高齢者の皆様へ」」と
言う項目からPDFファイルでダウンロード出来ます。
「ケアマネジメント・オンライン」のサイト
⇒ http://www.caremanagement.jp/tools/?action_download_category=true&cid=new

尚、ファイルの閲覧には、Adobe Readerが必要です。
ソフトが無いときは「Adobe」のサイトからダウンロードして
くださいね。

この記事は「ケアマネジメント・オンライン」の情報を参考に
して、困っている方にお知らせしています。


posted by お助けマン at 19:06 | 新着記事

東京都は、介護施設でのデイの宿泊サービスについて 独自基準案を公表しました。



東京都では通所型での介護事業所が、要介護者に提供する
宿泊サービスを行うときについて、その施設に必要とされる
人員や設備そして運営方法などに関して東京都独自の基準案
となるものを策定し、3月31日その内容を公表しました。

この、基準案では、それぞれの介護施設の事業所に対して
人員、設備、運営の状況の東京都へ届け出を求め、さらに
それぞれの内容を各事業所の公式ホームページ上で公表する
事を求めています。
さらに、それぞれの基準を満たさない事業所に対しては都の
方から、指導などが施されると言うことです。

この様な対策、基準の策定は全国でも始めてのようで、今後
このような介護事業所の実態の把握もし易くさらに今後増えて
来ると思われる介護者の施設の利用時の安全確保などにも
つながりそうですね。

今回の基準案で、東京都への届け出の対象になるのは、
1か月に5日以上宿泊サービスを提供する通所型介護事業所、
介護予防通所型介護事業所、認知症対応型の通所介護事業所、
さらに、介護予防認知症対応型の通所介護事業所などが対象と
言うことです。

宿泊サービスの定義を、今回は「緊急かつ短期間の利用」とし
宿泊日数については、、「連続30日を超えない」
「要支援・要介護認定の有効期間のおおむね半分を超えない」
ということから、宿泊日数に上限を設けたということです。

そして、宿泊時間帯に実働する人員基準については、
「介護職員か看護職員が1人以上」常駐することとしています。
そして、介護職員については「介護福祉士」あるいは
「ホームヘルパー」の資格を持っているスタッフの配置をする
ことが望ましいとしています。
そして責任者を選出し据え置くことも明記していると言うことです。

要介護者の方が、安心して介助を受けたり、家族の安心につながる
この様な基準つくりは今後全国に広がることと思いますし、広がって
多くの人が安心して通える介護事業所が増えることは嬉しいですね。


posted by お助けマン at 17:11 | 新着記事

ホームヘルパーなどの資格取得で就職を有利にと考える主婦層が激増!



最近の景気の悪さなどから、旦那さんの収入が激減
さらにリストラなどが頻発していることから、主婦層の
資格取得への熱意が非常に高くなっているということです。

どんな資格に注目しているのか。
ある学ぶ総合サイトが行った最近の資格取得への動向の
調査によると、景気の落ち込みの要因になったアメリカの
リーマンショック前とその後では資格取得への資料請求が
大きく変わってきていると言うことです。

やはり、資格取得への資料の請求の男女別では、女性では
なんと85%以上で男性を圧倒しているようです。
年齢的には、35歳から45歳くらいまでの仕事をしていない方
主婦層などが圧倒的に多いようですね。

中高年の主婦層が資格を取得、その後積極的に就職活動を
行っているようです。
そんな、主婦層にはどんな資格が人気なのかと言うと、
ホームヘルパーなどの介護や医療関係がトップと言うことです。

これは、介護の現場では恒常的に人手不足が見られると言う事
などから、その分求人数が多いんですね。
ですから、ホームヘルパー2級の資格など取得すると案外早く
仕事に就く事が出来るというメリットがあるんですね。

そのほかにはネイリストやカウンセラーなどが続いていると
言うjことです。
社会に貢献でき、誇りが持てるというホームヘルパーの資格は
持っていて困ることは無いようです。



posted by お助けマン at 20:49 | 新着記事

介護リフターで、ゆっくり笑顔でお風呂に入れて上げられると共に 笑顔になれ、ハッピーですね。



高齢化社会を迎え、介護が必要になる方も多くなって
居ますが、そのような施設で介護を受ける方も多いと
思いますが、家族の方が自宅で介護を行うと言う方も
多くいらっしゃいますね。

人間、毎日美味しく食事が出来たりゆっくり眠れたり
することは本当に嬉しいことですがそんな中でも特に
嬉しいの温かいお湯にゆっくり浸かって過ごす入浴は
心も身体も癒されます。

自宅で介護を必要とされている方は、家族の手助けで
この入浴をされていると思いますが、バスルームはやはり
そんなに広くはありませんし床が濡れていたりすると
スベって危ないし、公団や公社など団地では浴槽が結構
高くでとても入りにくく介助をされる方も抱えてお風呂に
入れてあげるのも大変です。

手が滑ったりすると怪我などさせたりすることにもなったり
しますから、非常に気を使うと同時に力も必要で入浴などが
終わったあとは疲れも酷いと思います。

それでも、大切な家族ですから自分達家族で介護をして
あげたいと言うのも当然かも知れませんね。
そんな、お風呂に入れてあげる事が簡単に出来ると言う
介護リフターと言うものが有るのをご存知ですか。

株式会社共栄テクニカち言う会社が開発したこの設備は
公団などの団地用に高齢者の方が自ら開発したというとっても
便利な入浴介護リフターなんですよ。

この設備、「湯友ちゃん」と言う商品名なんですが狭い浴室でも
効率的に利用が可能な、入浴手助けシステムなんです。
この様な設備と言うととっても高価というきもしますが、
こちらのアイテムは他社の同様のものと比べてとても安くて
安心して導入ができますよ。

要介護の方を椅子に座ってもらい、片手操作で簡単に浴槽や
洗い場に移動が出来ます。
これまで、かかえたり抱っこしたりして洗ったりお湯に
浸からせたりする力仕事で大変だったと思いますが、これで
そんなことから開放、どちらも笑顔になれますよ。

ぜひ、こちらの公式サイトでその内容を確認してみてくださいね。



posted by お助けマン at 01:20 | 新着記事

有料老人ホーム 大阪で探している方は一度アクセスして見ると良いですよ。




少子高齢化時代と言われ、最近は地方でも高齢者の
一人暮らしなども多くなってその対策なども求められて
居ますね。

子供さんが居ても遠くの都会で仕事に就いたり結婚したり
ということで故郷には中々帰ったりする事も出来ないと
言うようなことから、体調を壊したりドンドン体力など
落ちて今まで出来ていたことも出来なくなると言う事で
不安を感じる高齢者が多くなっています。

ご夫婦でも、高齢になるととても相手の面倒を見るという
ことも難しくなってきますね。
そんな時に考えたいのが安心して暮らせる老人ホームへの
入所ですね。

最近は、色々なタイプの施設が沢山出来ています。
高齢者の施設には種類が有るので自分の身体的な状況を
考えて探したり、家族は居るけどとても体力的な問題
などで世話が出来ないと言うような場合の施設の探し方
などを考えて見つけたいですよね。

介護が必要な方は、ホームヘルパーさんなどが常駐している
ような施設を選ぶ必要もあります
そんな、有料老人ホーム 大阪で見つけたいと考えられる
方にお勧めのサイトが、「株式会社 メディプラン」です。
こちらは、高齢になっても元気で毎日を明るく充実した
生活を送る事が出来るような有料老人ホームの検索サイトです。

こちらで紹介している有料老人ホームは、介護や看護、医療
などのサービスも充実していますし、日々の生活の中で高齢者
方同士で話しをしたりゲームをしたりテレビを見たりという
コミニュケーションの場があるので、寂しさを感じたりする事が
殆ど無く、家族の方も安心して大切な人を入所させる事が出来ますよ。

公式サイトでは詳細を見ることも出来ますし、資料請求も
出来るので悩んでいる方はサイトにアクセスして見ると良いですよ。






posted by お助けマン at 06:10 | 新着記事

介護タクシーは寝たっきりの要介護の方の外出をサポートしてくれます。



介護が必要な方でも、綺麗な満開の桜は見たいですよね。
ちょっとした観光地への行って見たいとも思います。
でも、家族の手だけでマイカーに載せて連れて行くには
ちょっと無理が出てきます。

マイカーには車椅子でそのまま乗車させたり、寝たっきりの
方であればストレッチャーなどに載せる必要も出てきます。
そんなこと出来ませんよね。

そんなことから、要介護になるともう外出なんてまったく
出来ず、ずっと自宅で暮らすということになりますが
絶対にその顔は寂しさで一杯と思いますね。

健常者と同じように真っ青な空の下で太陽の光を一杯
浴びて見たい、暖かい日には川のせせらぎを聞いてみたい
なんて色々な願いはあるんですね。

無理!!
そんなことありませんよ。
ホームヘルパーの資格を持った方が、そんな願いを叶えて
くれますよ。
介護タクシー 練馬や杉並、板橋、中野、武蔵野、西東京など
隣接地域でこの様な願いを何とか解決して少しでも元気になって
貰えればということから送迎してくれるもので、いま多くの
方が利用しているんですよ。
それが、「介護タクシーかじわら」です。

ヘルパーさんの資格所有者と言うことで、何らか異変が有っても
直ぐにどうしたら良いのかなどの対応も出来ますから安心です。

介護タクシーは車椅子は勿論、事情によっては横になったまま
ということも必要ですから、ストレッチャーなどにも対応して
いますから大丈夫ですよ。

今まで、自宅でばかり過ごしていた方の顔が一気に明るくなり
気持ちもリフレッシュされ、きっと家族の皆さんも連れてきて
良かったと安心しますよ。

小旅行的なものや花畑に行きたい、コンサートや美味しい
物を食べに行ったり希望を相談されると良いでしょう。
勿論、掛かりつけの病院への通院も可能と言うことです。

多少費用は掛かりますが、嬉しそうな顔や楽しそうな顔を
見れると言うことには代えられませんよね。
いつも、寂しそうな顔をしている祖父母や奥様、ご主人などを
思い切って外に連れて出てみてはどうでしょう。

きっと、「良かった!!!」
なんて、心が救われますよ。

詳細はこちらの公式サイトで確認してください。
色々な相談なども聞いてくれますからお電話してみると良いですよ。
⇒ http://www.geocities.jp/hnsy_k/

posted by お助けマン at 19:02 | 新着記事

介護福祉士の受験の資格が、介護施設で働きながら取得できる支援事業を 和歌山県が開始しています。



景気の後退などで就職先が見つからないとか、リストラ
などで失業しているという方への対策として、和歌山県は、
介護の現場で働きながら介護福祉士の資格を取得できるように
サポート支援を行う事業を始めています。

変わらずの人出不足が恒常的なっている介護現場ですが、
こちらの自治体では、ホームヘルパー2級の資格取得の
支援も同じく行っているということです。

今回の介護福祉士では、募集人数は30人程度と言うことで、
今年の春に介護福祉士養成学校に入学する方が対象になります。
介護施設で実務を学びながら学校でも勉強、学校卒業の時には
介護福祉士の国家試験受験資格をもらえ、そのまま国家資格を
受験できる事になります。

今、和歌山県内の介護関係の求人倍率の数字は1.82倍となって
居ますが、他の業種の倍率と比較すると大きな倍率になって
居ますから就職も楽に出来るようです。

ホームヘルパー2級取得を目指す人も合わせて、その詳細は
和歌山県の長寿社会課 高齢者生活支援室の公式サイトで確認
してください。
⇒ http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/040300/



posted by お助けマン at 23:35 | 新着記事

神奈川県では就職の内定がない高校生支援第2弾開始!



高校を卒業する学生さんで、就職を希望している神奈川県立高校を
卒業する予定になっている方の現在(2月末)の内定率は80.2%と
言うことで、やはりまだ景気の不安定さや回復基調が見られないこと
などから非常に厳しい雇用情勢の数字となっています。

この状況は、神奈川県に限ったことではないと考えられますが、そんな中
神奈川県では、就職が決まらない高校生を支援する対策が講じられて
居ますが、今回はその第2弾と言うことです。

若い人の就職と言う大切な問題ということで、緊急若年者就職支援対策が
先般第一弾として行われましたが、今回はその第2弾ということで各高校を
通じて生徒さんへの周知を図っていくということです。

県立高校などが対象で、それぞれの学校の実験器具の準備作業を行ったり、
各種データの入力作業などを行う仕事で「スクール・アシスタント」として、
神奈川県教育委員会が前期と後期でそれぞれ「50人」年間で延べ100人を
雇用するというコtです。

そして、この仕事をしながら、今後の自分のやりたい仕事に向けての
就職活動ができるようするといことで、勤務体制は週4日に設定される
ようですね。
この、支援策は、3月下旬からハローワークを通して実施されると言う
ことです。

さらに、派遣切りなどで職を失い困っている方向けに緊急特別短期訓練の
「ホームヘルパー2級資格取得」への講座に優先枠として10人を設定して
介護の現場での人手不足の解消にも目を向けています。
こちらは、受講料は無料となっていて、ホームヘルパー資格の訓練は
東部総合職業技術校(横浜市鶴見区)で開催、6月上旬から8月下旬の
40日間が予定されていると言うことですから、こちらの対象になる方は
一度、連絡を取ってみてください。


神奈川県緊急経済対策詳細サイト
⇒ http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/shokorodosomu/kinkyukeizai/index.html



posted by お助けマン at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

医療事務という資格は、女性の資格取得で上位に入りました。



こんなことから、あのホームヘルパーの資格取得の講座などで
非常に人気の高い「ニチイ学館」では、医療事務の資格取得の
ための、サポートサイトを公開しました。

この企画は、ブログサイトで人気のアメーバブログとのコラボ
と言うことで、医療事務資格の取得のための色々なサポート情報
など関連情報を広く知ってもらうためのサイトで、そのサイト名は
「ためキャリ」といいます。

こちらの「ためキャリ」と言うサイトは、今人気の医療事務の資格に
ついてやホームヘルパーの資格などについて、そしてそれらの仕事を
自分のキャリアとする一方、プライベートをも両立できる分野として
これから先のことを考える女性のためのキャリアサポートサイトになって
いるということです。

先日、ネット上でも情報として公開された資格などについての調査で
医療事務という分野は、今女性が一番取りたい資格とランクインし、
さらに、最も生涯賃金が高そうな資格という部門でもで1位だったと
言うことで、今後人気資格として注目され、多くの人がチャレンジする
ことになると予測されますね。

posted by お助けマン at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

今、女性がもっとも取りたい資格、ホームヘルパー3位!





資格や就職に関する調査・研究を行っている「ためキャリ」
公式サイト⇒ http://prom.ameba.jp/100308_nichii/  が
今回、女性の資格取得や金銭に関する調査を、調査会社マクロミル社
を通じて実施した結果、「取りたい資格は?」との問いの
1位は「医療事務」、
2位は「マイクロソフト認定資格(MOS・MCAS)」、
3位は「ホームヘルパー」ということだったようです。


上位の人気資格を取得したいという理由には、
「働き方が豊富」「結婚しても・子供がいても働ける」
「どんなお仕事にでも役に立つから」
「今後ますます需要が増えるから」という声が多かったということです。

そのほかの順位はこのようになっています。
1位 医療事務
2位 マイクロソフト認定資格(MOS・MCAS)
3位 ホームヘルパー
4位 カラーコーディネーター
5位 アロマコーディネーター
6位 調理師
7位 調剤薬局事務
8位 管理栄養士
9位 インテリアコーディネーター
10位 保育士

ホームヘルパーの資格の取得は、確かに聞くところでは重労働で報酬も
そんなに多くはないけど、社会に貢献できる、福祉という観点から是非
やってみたいという方が多かったようです。



posted by お助けマン at 18:14 | 新着記事

ホームヘルパーや介護福祉士さんなどを介護の施設で100人くらい 雇用する計画という岩手県。






岩手県が発表した事項によると、今年、2010年どに今の雇用の
状況など考え雇用対策の1つとして、岩手県内にある介護の施設
などに、今後、いま求職活動している方たちを100人前後雇用して
もらい、ホームヘルパーの資格や介護福祉士などの資格取得のため
資格取得講座などを支援する、介護雇用プログラムを検討している
と言うことです。

昨今の雇用情勢には非常に危惧するものがありますね。
昨年末からの東京での派遣村など対策を講じていますが、求職活動
しているのは、何も東京など都会だけではないということです。

このような時期に地方から雇用の問題に着手するということはとても
嬉しいことですし、介護の現場は相変わらずの人手不足ですからその
人手確保にも大きく貢献してくれますね。

岩手県では、この日に県庁で開催された、県内の市町村との意見の交換の
場で、それぞれの長から「介護施設や保育所の待機者解消につながるような
雇用創出が必要である」という意見も出され、このような計画を立てたと
いうことです。

この計画では、岩手県内のそれぞれの介護施設とホームヘルパー2級の
資格を目指す人は1年以内、そして介護福祉士を目指す人は最長で2年の
雇用契約を結ぶことが出来るということです。
そして、その現場で働き、お給料を受け取りながら、ホームヘルパー2級
または、介護福祉士の資格の取得を目指すことになるようです。

少しでも、働く場所が出来、介護の現場も人手が確保されることを祈り
たいものです。

詳細は岩手県の公式サイトで確認してくださいね。


posted by お助けマン at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

ホームヘルパー2級講座を地方の「村」が開催!



岩手日報によると、岩手県の野田村と言うところが、介護の
助っ人を養成するため「村」単位で何とホームヘルパー2級の
資格取得の講座を開催するということです。

ちょっと、このニュースを見て、国や関係省庁に怒りを感じますね。
地方では過疎化と共に高齢化がドンドン進んでいます。
高齢の方の一人暮らしなんて珍しくなくなっています。

このようなところでは、住人に何か起きても対処の方法がなくて
高齢者などからだの具合が悪い人などは特に毎日不安感で一杯と
言うことをもう少し国や関係省庁は真剣に考えないといけませんね。

国が、なんの方向性も示していないことから、予算など殆ど確保が
出来ない「村」という小さな単位でこのようなホームヘルパーの
資格を取得して介護に携わってくれる人を求めるというなんとも
涙ぐましい努力を始めているんですね。

こちらでは、ホームヘルパー2級の養成講座を開催しそれによる
村への雇用促進を求めたり、介護知識を持った人材を育て、施設
ではなく、自宅で家族や隣近所で支え合える仕組みをつくるのが
大きな目的と言うことです。

岩手県の65歳以上の平均の高齢化率は25.76%で、こちらの
野田村は、28.31%となっていてその高さは平均を上回っているのです。
子供さんなど居ても殆どが都市部へ出て行き、核家族化がこちらでも
完全に進んでいます。

そのため、高齢者同士の介護、さらには一人暮らしの方は動きが
取れないという状況にあるということです。

それでも、人間誰でも自分の家で最後まで生活したいという気持ちが
あることから、野田村ではとにかく隣近所の周囲で支え合う地域づくりを
したいということから、介護の知識をもつ人を出来るだけ多く育てたいと
言うことから、このホームヘルパー2級資格の講座を開催することにした
ということです。

現在、すでに受講している方が居るようですがその年齢層は広いようで
下は⒚歳から上は50歳代まで19人の方が勉強しているということです。
皆さん、資格を取得して、高齢者に優しいホームヘルパーさんになって
欲しいですね。



posted by お助けマン at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

介護に不安がある。80%以上の人がそう考えています。




ネットマーケティング会社「アイシェア」が調査したところ
80%の人が、自分の親がもし要介護になった時に大きな不安
などを感じているという結果が出たということです。

少子高齢化時代の突入し、若い人の割合も減少、高齢者の割合が
多く苦なることが確実になり、介護施設やホームヘルパーさんの
絶対数も足りない現状、もし自分の両親が病気や怪我などで介護
など必要になたとき、こんごは入所できる介護施設も不足したり
ホームヘルパーさんも足らないと言うことがはじまりそうです。

そんな中では、子供が親を自宅で介護するという事態が増えそうで
そのことから、このような結果も当然かもしれません。
その中でも一番不安に感じることが「経済的なこと」と言うことで
デイサービスなど受ければ1ヶ月の介護出費も大きくなり、反対に
介護のため働くことが出来なくなるということも考えられます。

「精神的な負担」、そして「自分の仕事との折り合い」と続いていて
不安を感じる方が多いようですが、介護が必要な家族を自宅で見ると
言うことになると、まず、通常の会社勤めは出来ないと考えられます。

総て、ヘルパーさんに任せると、その金額は膨大になります。
しかし、今回のデータでは、その方法を介護施設の利用と自分でも
介護をしたいという方が、約80%もいるんですね。

大切な親の事ですから、介護サービスに総てかませるという方はとても
少なく、約17%くらいですが、その反面総て自分達で介護をするという
方は、約3%程度と非常に少ない割合です。

これは、やはり経済的なことを考えると、仕事をしながら介護をする
方法を取りたいという方が圧倒的に多いんですね。
しかし、夫婦で親の介護ということを考える場合は、女性に大きな
負担が掛かること、男性が手助けをするということを考えると仕事に
影響が出てくるなど問題が多くなってきます。

さらに、夫婦が長男長女などの場合は、両方の親の事を考えないと
いけないと言う状況も起きてくる可能性があります。

何も起きていないうちに、介護の問題をしっかり考え、早めに夫婦の
間で話し合ったり、金銭的なこと、介護施設の情報を集めておくことが
だいじですね。




posted by お助けマン at 17:20 | TrackBack(0) | 新着記事

ホームヘルパー、時給の上昇でもまだ人手が足りない介護現場!




景気の後退が続き、企業の経費削減は人件費に傾いていてそれが
アルバイトや派遣などの人員カットで、人あまりの状態が顕著に
なっているようです。

しかし、反対に福祉関係、ホームへパーなど介護や看護といった
職場では合い変らず人手が足りない状況が続いているようです。

このホームヘルパーさんや看護師など、福祉の現場では以前から
人手が足りず、その時給は比較的高水準でしたが、最近、異業種
からの人材流入もあったのですがココに来て、それも無くなりその
ためさらに時給の上昇が起きているようです。
それでもホームヘルパーさんなどの確保に繋がっていないようです。

そのため、介護の現場は酷い人手不足に悩んでいます。
最近のデータでは総ての職業の有効求人倍率が4月に0.46倍と言う
ことで一人の就職希望者に対して求人している会社数が0.46社と
言うことで1社にもならないと言うことですね。

しかし、介護の現場の4月での有効求人倍率は、1.02倍、高齢者用の
介護施設では4.36倍、職種別では介護という項目が1.44倍と言う
とても高い物になっているようです。

それでも、ホームヘルパーさんや看護師さんなどの応募が少なく変らず
人手不足が継続しているということです。
福祉関係、介護関係そして保育士さんなどの5月の平均的な時給は前の
年の同じ月と比較して、12%以上も高くなっていて「1,005円」と
言うことです。


ホームヘルパー2級資格取得の講座などを開設している
大阪のニッソーネットでは、2級の講座の受講者が男性が多くなっていて
なんと6倍以上に増加して来ているようです。

しかし、その結果はまだ現場に現れておらず人手不足が継続して
いるということです。

最近では全国の各自治体が積極的にホームヘルパー2級の資格取得の
ために勉強をしようと言う方に受講料の全額負担や割合を決めて補助金
などを出すシステムを導入しているようですからこれを機会に資格の
取得を考えてみるといいのではないでしょうか。

今後、必ず必要とされる職種のトップクラスが、福祉の現場、介護や
看護という人に喜ばれ、社会の役に立つものでしょう。
今から、そのためのホームヘルパー2級の資格や、介護福祉士などの
資格をめざし、チャレンジしてみませんか。



posted by お助けマン at 04:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

介護を必要とする人の国内旅行や海外旅行に同行介助を行う「トラベルヘルパー」の講座があります。






旅行というものは、新しい発見や、美味しいものが食べたり、旅先で
友達が出来たり、気分転換、リフレッシュ、楽しくワクワクします。

だから、こんな旅行には、時間とお金があれば何度でも行きたいです。
しかし、介護を必要とする方はとても旅行など、例え行く場所が近くても
出かけろことは無理とおもいます。

常に身の回りのことを、介助してくれる近しい家族や親戚、友人などが
一緒であれば何とか行く事も出来ると思いますが、それでも、介護と
いうのは、体一つ動かしてあげるとときもやはり専門的な技術や知識が
ないと、難しく、素人が下手に行うと、車椅子などから落ちてしまたり
車椅子と一緒に転んでしまったりして怪我など起きたりします。

しかし、いつも寝たっきりとか、外出などしたことまずない
という方も、出来ることなら青い空の下に出てみたい、太陽の
光を一杯浴びたい、景勝地や懐かしい所、思い出の国や地域など旅行で
訪れ、楽しい気持ちになりたいという強い思いはあるのではないでしょうか。

しかし、介護が必要と考えると、本人も家族もお出かけにはやはえい走しても
躊躇してしまいすね。
そこで、そのような方たちをバックアップ、サポートして旅行を楽しんで
もらえればと言うことから、「トラベルヘルパー」というものを養成する
講座があるのをご存知でしょうか。


それは、「NPO法人日本トラベルヘルパー協会」というところが、要介護者の
旅行におけるトラベルサポート活動を行う「トラベルヘルパー」を養成して
いるということです。

この「トラベルヘルパー」と言う資格は通信教育で取得できるということです。

しかし、やはり経験と言うものが必要と言うことで、「ホームヘルパー2級」の
資格、国家資格である「介護福祉士」や「看護師」という介護関係、看護系資格
あるいは「旅程管理主任者」とか「旅行業務取扱主任」の資格というような
「旅行系資格」などを取得しているが条件になるということです。

特別にこのような資格が無い場合も受講することは出来るようですが、この場合
将来的に資格取得を目指す人が対象となるということです。
この資格を取得すると、国内の日帰り旅行から遠い海外旅行まで対応することが
可能になるので仕事としても大きくその活躍の場所が広がると思います。


ホームヘルパー2級の資格など持っている人は最近、その現場を条件面などから
離職される方も多くいらっしゃいます。
でも、少子高齢化社会は確実に進んでいます。さらにこれから介護を必要とする
方はますます増えてくることは目に見えています。

折角取得した、大切な「ホームへルパー」の資格です。
もっと、広い視野でその仕事の様子を見るときっと活躍したくなると思います。
温泉旅行に行きたいとかもう一度海外の思い出の国に行って見たいという方は
要介護者の中にも沢山いらっしゃると思いますね。

貴方の、決断や勇気が、その願いを叶えてくれるんです。
凄いことだと思いますね。

詳細は「NPO法人日本トラベルヘルパー協会」の、公式サイトでどうぞ。

⇒ http://www.travelhelper.jp/index.html


posted by お助けマン at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。