● ● ● ● ● スポンサードリンク ● ● ● ● ●




ホームヘルパー2級の資格取得関連の情報サイトです。

山形県でもホームヘルパー2級の資格取得の 対策が始まります。




介護現場の人手の不足は全国的な深厚な問題ですが、4月から
国の介護施設への介護報酬の支払いの割合が若干ですが引き上げ
られる事になっています。

しかし、それが、現場で働く人に還元されるというようにしないと
人手不足は解消しないかも知れません。

そういって手をこまねいているわけには行かないのも現場の大変さ
でもあります。折角ホームヘルパー2級の資格など無料や有料の講座を
受講して取得しても、離職してしまうひとが多いのもとても残念です。

そんな中、山形県では、この介護現場の人手不足を何とか解消したいと
いうことから、山形県社会福祉協議会では今年、2009年度に、その介護の
人材の育成や人手の確保への対策事業を開始するということです。

昨今の雇用状況の悪化からドンドン増えている失業者などを積極的に雇用し
介護の現場に派遣しながら、ホームヘルパーとしての知識や技術力を身につけて
貰うことを目標に、ホームヘルパーの養成を行うというものです。

そして、その上の国家資格を要する介護福祉士を目指す学生さんを対象にした
奨学金制度も新しく開設するということです。
このような取組みから、介護関連の大きな人材不足の解消に何とかつなげたい
ということのようです。


今回のホームヘルパー2級の資格取得や介護福祉士援助の対策の大きな柱は
介護補助員の派遣事業ということです。
従がって、この対策の対象となる人は、今後、継続して介護の仕事に就くという
強い意欲があることが前提条件になりようです。
そして、ハローワークに登録していることも必要でその中の求職者40人を山形県
社協が6カ月間にわたって、臨時職員として雇用すると言うことになるんですね。

そして、この人たちを、申し込みのあった介護施設や福祉施設などに、補助員として
派遣し、その6ヶ月の間にしっかり勉強することと現場の知識を身につけることで
ホームヘルパー2級の資格取得の養成講座で研修をしてもらうということです。

現在、ホームヘルパー2級などの資格を持っていない人が介護関連の施設への就職
等を希望するとき、ホームヘルパーなどの資格がネックになる場合が多々あります。

今回の施策は、介護の現場で実際に自分の身体で体験しそしてホームヘルパーなどの
資格が取得が可能になり、臨時雇用の期間終了後も介護関連の就職につなげやすく
なるということです。




posted by お助けマン at 18:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

岐阜県では2ヶ月前から行っていたホームヘルパー2級講座の閉校式実施



昨年末からの景気の後退や金融不安などから各企業での派遣切りという
ことがどんどん進み、そのため沢山の人が失業するという非常に大変な
事態になっています。

そして、再就職を希望しても企業自体が大きな影響を受けているため
殆どの企業で新に人員確保と言うことは望めないようになって失業した
人は、再就職も思うように出来ないという困ったことが今も続いています。

そんな中、介護の現場では逆に人手が足りず困っているということから
全国の多くの自治体が、この失業して困っている人たちを対象にこの際
ホームヘルパーとして活躍が出来るように言うことから、2級資格取得の
ための、ホームヘルパー2級資格講座の受講を資金的に援助して資格を
取ってもらおうと立ち上がり大きな関心と人気を博しています。

その中の岐阜県ではこの度、見事に2ヶ月の講座を受講し過程を終了した
人に修了証明書を発行し、講座の閉校をしたということです。


岐阜県の各地で開催した講座では、ホームヘルパー2級課程を約2カ月間
受講した人は19〜61歳の男性女性の20人がみんな修了証明書を手に
したということです。

ホームヘルパー2級講座を修了すると、各地の介護福祉施設とかデイケア
センターなどに就職することが可能になります。
在宅介護援助などもできますし、この修了者の中には、老人福祉施設への
再就職も決定した受講者の方もいるということでよかったですね。

このような時代で就職が非常に困難なとき、自治体などの手助けで貴重な
資格と言うものを手にすることが出来た人たちはこれからどんなところで
仕事をされるか分かりませんが、多分、思いやりのあるそして人に優しい
心でどんな仕事にも取り組まれると思いますね。

介護の現場でも是非活躍して欲しいものです。


posted by お助けマン at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

「ホームヘルパー2級の養成講座」開催



長野の松本市にある松本大学は、同大学で、地域の福祉関係に
関心や興味を持っている方たち向けに「ホームヘルパー2級」の
資格が取得できるようにということからその養成講座を開催
するということです。

この「ホームヘルパー2級の養成講座」とは、同大学の学生さんは
勿論ですがそれと一緒に福祉に関心や興味のある同地域の一般の方
にも、この松本大学での「ホームヘルパー2級」の養成講座での受講が
可能と言うことです。
聴講生という形での受講ということで、公開型の授業にしているという
ことです。

この「ホームヘルパー2級」の養成講座の総ての課程を受講し、全科目に
ついて単位認定を受ければ、修了証書が授与されるということですから
その後は介護関係の施設などでホームヘルパーとして活躍ができます。

これは「ホームヘルパー2級」の資格の取得と言うことになるんです。
大学での講座ということですから勉強もし易いと思いますね。

最近は、派遣切りとか非正規社員などの削減などで職を失っている方が
とても多いと言う事で全国各地でこのような資格取得のための各種講座
などが行われています。

興味のある方はサイトで詳細確認
⇒ 松本大学

または
こちら【問合せ】松本大学 教務課 Phone 0263-48-7204へどうぞ!


posted by お助けマン at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

ホームヘルパー2級 資格取得で求人はどんな物が?



ホームヘルパー2級 資格取得で求人はどんな物が?

高齢化社会で、日本の実情として、ホームヘルパーの求人は
日増しに多くなってこのままの高齢化が進めば将来的にも、
ホームヘルパーの求人状況は減少することはまず考えられません。


その、ホームヘルパーの求人募集先は、特養(特別養護老人ホーム)
などの福祉関係の施設や、要介護の身体障害者施設、老人病院などの
介護職員の求人、それから、グループホームの介護職員などの生活
相談員としての求人関係、ホームヘルパーの派遣業としての在宅サービス
提供事業者などの求人など幅広いものが考えられます。


今の高齢化社会において、厚生労働省の試算ではホームヘルパーの
人員数を2010年までに56万人に増やす方針を打ち出しているのです。
しかし、まだ有資格者が不足しているのが現状なのです。


高齢化社会の進行で、ホームヘルパーのニーズはこれからも
益々、大きく高まっていくことは必至と思われます。


それに、介護職員のレベルアップや地位向上のために、将来的に
介護職員などのへームヘルパーは国家資格である介護福祉士資格を
取得することが基本要件になるとのことです。


その、移行期間中は「介護職員基礎研修」という500時間におよぶ研修を
受ける必要になるとのことですが、ホームヘルパー2級の資格所有者は
この研修のうち150時間が免除されるようです。


さらにホームヘルパー2級資格を取得して1年以上実務就労を経験した
場合、210時間免除されると言われています。


ですから、出来るだけ早くホームヘルパー2級資格を取っておくと、
有利になりそうです。(上記内容に変更がある可能性があります。)

現状で、「ホームヘルパーと言うものが廃止されるということでは
ありません。」


=============================
ホームヘルパーの資格を絶対に取りたい。「2級 講座」
少子高齢化時代弱者に優しいお仕事「ホームヘルパー」 の2級 
講座を受講して資格を取りたい。

http://helperno1.yoka-yoka.jp/
=============================


posted by お助けマン at 03:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

ホームヘルパーの2級資格の 短期取得



ホームヘルパーの2級資格の 短期取得

ホームヘルパーの2級資格は、介護保険法で決められているケアマネジャー
が作くる「ケアプラン」の内容に沿って、要介護認定を受けた在宅の高齢者の
方とかあるいは障害者の方たちの自宅に訪問し、食事の支度とかの家事あるいは
身体の介護など日常生活全般のサービスを提供するホームヘルパーの基本的な
なる資格となります。

このホームヘルパー2級の資格を取るのに普通、資格を取得するまでの
受講期間は平均して約3ヶ月から6ヶ月程度かかるのです。

それを出来るだけ早く、短期で取得できるように短期集中コースという
短い期間、約1ヶ月程度で取得出来る短期の講座もそれぞれの専門学校
等で用意されています。

仕事をしながら、あるいは家事をしながらでも短期集中で講座を受ける
ことが出来ますからライフスタイルに合わせて受講ができると思います。

短期集中の講座でも、資格を取得し、ホームヘルパーの実務を3年経験
すると介護福祉士の受験資格が得られますから、今度は国家試験に合格
するとより高度な介護福祉士になることもできるのです。



posted by お助けマン at 03:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

介護福祉士がホームヘルパー2級取得者が統合される。



★★
介護福祉士の国家試験の受験資格は試験内容は。
(財)社会福祉振興・試験センター
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6 SEMPOSビル4F
TEL:03-3486-7521 TEL:03-3486-7559(音声案内)
http://www.sssc.or.jp
★★


介護福祉士がホームヘルパー2級取得者が統合される。

今、日本では、益々、高齢化が進む社会の中で、今後、確実に需要が
高まるといわれる、介護の仕事。
その中でもホームヘルパー2級と介護福祉士は、その講習時間の
違いから実際の介護の現場での仕事の中でスキルの格差を疑問視
する声も出ています。


そして、それとは逆に、国家資格である介護福祉士に比べ、高い
スキルを習得しているホームヘルパーが正当に評価されていない
と言う環境であることも見逃すことも出来ません。


この様な状況から、介護職に付いてる方のレベルアップを行い
それぞれの資格による格差を是正することを目的に、厚生労働省が
今後「介護職の基本就業条件を介護福祉士に統一する」という考えを
発表したのはご存知とおもいます。


そして、現在、介護福祉法の改正法案が、通常国会で審議されていて
今後、この法案が議決すると、平成24年度の介護の資格取得のための
国家試験から、その、受験資格に
★実務経験3年に加え、6ヶ月以上の研修を必要とする
ということが義務付けられることになっています。


したがって、現在実務経験が3年以上ある方は、出来るだけ早く、
資格を取得されることが大事です。


今後、絶対数が足らなくなることは確実とかんがえれます。
その、介護の現場で安定して就業するには、絶対条件の介護福祉士資格。

現在、沢山の介護福祉士の勉強をする講座やスクールがあります。
自分のライフスタイルに合わせて、無理なく確実に勉強が出来て、
念願の介護福祉士の国家試験で合格し、資格取得が出来る講座や
スクールを探してください。


★★
介護福祉士の国家試験の受験資格は試験内容は。
(財)社会福祉振興・試験センター
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6 SEMPOSビル4F
TEL:03-3486-7521 TEL:03-3486-7559(音声案内)
http://www.sssc.or.jp
★★




posted by お助けマン at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

ホームヘルパー資格には試験ではなく講座受講、終了が原則。


ホームヘルパー資格には試験ではなく講座受講、終了が原則。


特にヘルパー2級では各自治体や専門学校・スクールの養成
講座を修了することで、誰でも資格を取得することができます。


実際にホームヘルパーとしてホームヘルプ サービスを
行うためには、ホームヘルパー2級の研修修了が目安となるため、
多くの機関で2級取得を目的とした研修を行っています。

ホームヘルパー講座では講義と実技を通して、 介護の基本的な知識から、
実際に身体を動かしての体位交換や車椅子を使った介護技術などを習得
していきます。


特に専門的な学院のようなスクールなら、専門テキストや各コースにも
様々な工夫が施されている上、各院への通学の他に通信教育で講座を受講
できるコースも有りますから選択肢が広がります。


通信教育の場合も最後はその最終過程として、先輩ヘルパーたち途と介護施設
などで実技の介護を経験したり、 訪問介護にも同行したりして現場での実習
を体験します。


最初は自分のスケジュールや学習スタイルに合わせて学習方法を見つけること
が大事です。

途中で投げ出すことの無いような学習の体制を確立する事が
ホームヘルパー2級講座資格取得の大きな要素ですから・・・・。

posted by お助けマン at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

ホームヘルパー 2級 講座

 


ホームヘルパー 2級 講座


先般の介護保険制度の改正に伴い、2006年度から要介護認定が
軽度の人を対象とする介護予防サービスが始まりました。


今後、高齢化社会が益々進むと考えられますので、ホームヘルパー
さんの活躍される仕事場はますます広まると思います。。


ホームヘルパーの資格を持っていなくてもホームヘルパーの
仕事に就くことは可能ですが、実際の採用条件としては
ホームヘルパーの資格を持っていることを条件としている
ところがほとんどです。

 
 

したがって、ホームヘルパーとして仕事をするには、
資格を持ってる方が絶対に有利なのです。


ホームヘルパー 2級という資格は、殆どの介護職に関連する
基本的な資格ということです。


ホームヘルパー 2級の受験に関しては、特に資格はないので、
今から福祉の仕事を始めてみようとする方には、最適な資格
であると思います。


現在、ホームヘルプサービスは、日本全国すべての市区町村で
実施されているので、先輩のホームヘルパーさんが多く活躍し
ています。


雇用の形態には正規の職員のほかに非常勤や契約制、嘱託制など
も多くあります。
自分にあった勤務先や勤務形態を見つけることも大事です。


 

 
 
posted by お助けマン at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

医療施設動態調査

 
 
厚生労働省の発表によると
 
医療施設動態調査(平成19年1月末概数)
 

病院の施設数は前月に比べ   5施設の減少、病床数は 72床の増加。
一般診療所の施設数は 19施設の減少、病床数は 269床の減少。
歯科診療所の施設数は 15施設の減少、病床数は 増減なし。

 
(厚生労働省HP参照)
posted by お助けマン at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

パートさんもいいですがコレから益々求められるホームヘルパーさん

 
 ホームヘルパー は2級 講座がスタートです。
 


毎日の生活でどうしても介護が必要な高齢者の方や
障害をお持ちの方などの家庭を訪問して、
日常生活のサポートをしてあげるのがホームヘルパーさん
のお仕事です。


ホームヘルパーの仕事としてイメージできるのが、
食事や入浴、着替え、排泄の介助、体位変換をするのが
介護サービス」と申します。
そして、調理や洗濯、買い物、掃除などの
お手伝いをするのが「家事援助サービス」なのです。


そのほかのも、利用されてる方やそのご家族の方たちと
積極的にコミュニケーションをとって、様々な
悩み事不安の相談にのるなどの精神的な面のケアを
行うのも、ホームヘルパーさんのとても大切なことなのです。

 

これらのサービスをすることよって、利用される方は自宅で
一人暮らしを継続することができたり、ご家族などの介護される方の
負担の軽減をすることができます。


今まで住み慣れた自分の家で家族と一緒に暮らしたいと
心から思われる高齢の方はとても沢山いらっしゃいます。


ホームヘルパーさんはそれをお手伝いする、やりがいと喜びのある
大切なお仕事です!

ヘルパーさんのする主な業務内容は以下で吸う。
介護(食事、入浴、着替え、排泄)
家事援助(調理、洗濯、買い物、掃除)
家族の精神的ケア その他

posted by お助けマン at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

ホームヘルパー2級の講座


ホームヘルパー2級やその他の資格を取るということは、


その職業に就くための出発点に立つということです。

 
利用者のお世話をしてあげると言うお仕着せではなく、
 
この人から色々なことを教えていただくんだという
 
考え方ができれば最高で楽しくスキルアップできると思います。
 
利用者から学ぶことが一番大事です。


ホームヘルパーという仕事は、

利用者のために存在しているのですからね。
 
 
 
posted by お助けマン at 05:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

2級講座の介護の勉強をしたホームヘルパーが就職する施設は。

 
 

2級講座介護の勉強をしたホームヘルパーが就職する
入所施設としては、特別養護老人ホームや老人保健施設、
身体障害者療護施設、肢体不自由児施設、グループホームや
有料老人ホームなど沢山があります。

 
それから、通われる施設の場合は、デイサービスセンターや
デイケアセンターなどです。
 

ですからホームヘルパーは、家庭での介護だけに限らず、
入所施設など、あらゆる場面で遭遇する必要な介護

 
あらゆる知識や技術を習得して、身に付けているか、
その過程にある人ですから、必然的に、これらの介護
必要な場所がホームヘルパーの就職先候補となるわけですね。
 
 
 

また、施設の特性によって、対象となる利用者や
介護の内容・時間などそういったものもおのずと違ってきます。

 
 


ですから、後悔しない職場選びのためには、これらホームヘルパー
働く各施設の特徴をよく知っておくことが非常に大事ですね。

 


このような観点から、ホームヘルパー資格を取ってから働くことに
なる各施設の特徴やサービス内容など事前に良く調査しておくことが
大事ですよ。

 
 
posted by お助けマン at 02:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

ホームヘルパーの就職先はどんなところなのかな?

ホームヘルパー 2級 講座


ホームヘルパーの就職先はどんなところなのかな?

 
せっかく取ったホームヘルパー2級の講座資格。
 
やっぱり気になるのは、一生懸命に勉強してようやく取った

ホームヘルパー2級講座の資格、
いったいどんな会社に就職できるのだろうって考えますね。

 


ホームヘルパーといえば、当然、ホームヘルプステーション
(訪問介護事業所)というのが真っ先に頭に思い浮かぶと思いますが、

 
 
実は、ホームヘルパーの仕事先はそれだけではないんですよ。
 
 
高齢者の方や障害を持った方の介護を行う場所がホームヘルパーの
仕事場であるとすれば、その方の自宅だけではなく、介護施設などに
入所されている場合やデイケアで通われている場合など、
様々な場所でホームヘルパーである貴方の力が必要とされているんですね。
 
 
 
 
 
 
 
posted by お助けマン at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事

ホームヘルパーの2級 講座勉強しませんか?


ホームヘルパー2級 講座勉強しませんか?

2015年頃には日本の国民の4人に1人が高齢者と言います。

そんな超高齢社会でとても重要な役割を担う
ホームヘルパーは現在ではまだまだ不足しています。

ホームヘルパー高齢者障害者の方の家庭を訪問し、
日常のお世話や生活をお手伝い介護していくお仕事です。

この仕事では、ヘルパーのやさしさと思いやり、
そして確かで高度な介護技術が求められます。

あなたも、やさしさと思いやりを込めて人とふれあい、
心からありがとうと感謝される、そんな仕事を目指して
みませんか?

ホームヘルパー 2級 講座受けてみましょう。




posted by お助けマン at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。